キャッシングの金利が高いのはなぜ

キャッシングの金利が高いのはなぜ

 

住宅ローンやマイカーローンなどの金利はわずか数%ですが、
消費者金融のキャッシング金利は最高18%にもなりますよね。
どうして同じお金を借りるという行為なのに、そんなに金利が違うのでしょうか。

 

一般的に住宅ローンなどの金利が安く出来るのは、
融資の際の審査基準が厳しく、確実に支払いしてもらえる能力のある人だけを、
顧客として取り込んでいるからです。
確実に元金と利息を払ってもらえるので、リスクが少なく金利が安くとも運用できるのです。
それに対して消費者金融のキャッシングは、審査が甘く誰でも借りられる一方で、
返済できずに任意整理や自己破産する人から、
利息どころか元金すらも回収できないリスクを負っています。
そのために、通常金利が高く設定されているのです。
一般的に金利の安さは、審査の通りにくさに比例していて、
収入が少ない人やフリーターなどの低所得者層はキャッシングに頼るしかありません。
金融会社も商売ですので仕方がありませんが、
お金がない人ほど金利が高く、日々の返済が厳しくなるということです。